タビノキセキ&re saraの作家紹介

制作イメージ

こんにちは、スタッフの上田です。
先日の台風10号が通り過ぎてから、糸島は朝晩涼しく、急に秋めいてきました。
今夏は猛暑続きでしたが、冬は例年より寒くなるかもしれないとの予想もあります。ゆっくりと冬仕度も進めていきたいですね。

さて、今回のブログでは、タビノキセキ&re saraでアクセサリーを制作している作家お二人の、自己紹介コメントをご紹介したいと思います!

Designer / YUJI

1977 新潟県生まれ
1997 イギリスにて独学で制作活動を開始
2000 ジンバブエにて土器制作(4ヶ月間)
2010 糸島に移住し、タビノキセキを設立
2016 福岡デザインアワード入賞
2017 日本クラフト展 入選
今までにないモノ、ありそうでなかったモノをデザインだけでなくお客様の立場で実際に使用することを考え、機能性、アレルギー対応などの安全性にもこだわり、一つひとつハンドメイドで制作しています。

ガラス作家 なつ

1981年 福岡市出身
二児の母

オレゴンのガラス作家にワークショップをうけ、魅了されたガラスを生業としながら沖縄→糸島へ拠点を移しガラス工房・アクセサリーショップを始めて10年目という節目を迎えたのをきっかけにものづくりライフの第2章の幕開け。
昨年。憧れの彫金を始めたことがきっかけで、ご縁があったおはな敷地内に今年の1月にコンテナショップをオープン⤴️⤴️⤴️ 


エンゲージリング・ブライダルリング・オーダーメイドジュエリーを目標にゆっくり一歩づつ

日々。工房でどこまでも自由に、ワクワクするものづくりの旅を楽しんでます…

趣味:海水浴・サイクリング・キャンプ・BBQ(食べる専門)

糸島でお待ちしております♪

以上、YUJIさん、なつさんからの自己紹介コメントでした!

お二人はそれぞれ、糸島のタビノキセキと姉妹店re saraで作品の制作・販売をされています。お店にお越しの際は、ぜひ作家と直接お話ししてみてくださいね!